ネイリスト技能検定1級の資格と攻略法

試験概要

ネイリストを目指す人の登竜門というべき検定試験であり、実施から18年目を迎えて56万人の方が受験しました。
1級は上級者としてトップのネイリストとしての知識が問われ、総合的な知識や技術に関しての問題が出題されます。
試験は、実技試験と筆記試験があります。

試験の合格基準は、50点満点で38点以上で合格です。
筆記試験のみ合格下方は、次回の同級試験を受けた場合は、筆記試験が免除されます。
受験は春夏秋冬と1月4月7月10月の年4回あります。
会場としては札幌から沖縄まで全国の12都市で行われます。
試験の申し込みは2ヶ月前から1ヶ月前まで申し込みを受け付けています。
ネイリスト技能検定3級の受験料は11,000円です。

受験対策

試験内容はもちろん3級や2級よりも難しく難関なので、毎日数時間少なくても2時間ぐらい勉強することとなるでしょう。
普通の方なら受験日の3ヶ月前ぐらいから勉強すれば問題ないでしょうが、自身がないならもう少し早く勉強を始めて、少しでも多く勉強するようにした方が良いです。
2級合格者のみが受験できる検定試験であり、3級と2級の知識をふまえた上での問題が出題されます。

勉強用の教材としては、日本ネイリスト協会から書籍としてJNAテクニカルシステムベーシック、DVDとしてネイリスト技能検定試験の1級テクニック講座が発売されていますので、それを使用すると良いでしょう。
また3級と2級のテキストも一緒に活用して勉強すると良いです。
勉強ではテキストを見ながら公式問題集を解いていくことが基本となります。
問題集を解いて解らないところがあったら、それを見てどこが解らないのかを把握して、その解らない部分を教材で確認などして解るようにします。

試験問題では、ネイルの歴史や衛生と消毒やネイルケアの手順など9個の内容から多肢択で問題を解きます。
ネイルケアやイクステンションの手順は実技試験では必須であり、これを行えないと試験に合格する事は出来ません。
その他にも3級や2級の問題の中からもいくつか出題されるので、3級や2級のテキストを見直していく事も忘れずに行いましょう。
化粧品学では細かい名称も出題されますので、暗記することも大切です。
メモなどに専門用語を書いて、それを持ち歩いたりして覚えるようにするなどの方法もあります。

受験が近くなったら、実際の試験の時間内で問題を解けるか模擬試験のような形で行ってみましょう。
実技試験は70分筆記試験は30分あります。
筆記試験では、この30分の中で100問出題され、80問以上正解で合格となります。
実際に30分セッティングして、その中で100問教材の問題を解けるかどうか実際に行って予行演習をしておきましょう。