ネイリスト技能検定3級の資格と攻略法

試験概要

ネイリストを目指す人の登竜門というべき検定試験であり、実施から18年目を迎えて56万人の方が受験しました。
3級は基本的な知識であり、ネイルケアやネイルアートに関する基本的知識が問われます。
試験は、実技試験と筆記試験があります。

試験の合格基準は、50点満点で38点以上で合格です。
筆記試験のみ合格下方は、次回の同級試験を受けた場合は、筆記試験が免除されます。
受験は春夏秋冬と1月4月7月10月の年4回あります。
会場としては札幌から沖縄まで全国の12都市で行われます。
試験の申し込みは2ヶ月前から1ヶ月前まで申し込みを受け付けています。
ネイリスト技能検定3級の受験料は6,600円です。

試験対策

ネイリスト技能検定3級は義務教育を修了した人ならば誰でも受験することが出来、おおよそ1ヶ月あれば受験対策は行えます。
受験勉強は人にもよりますが、1日1時間ほど1ヶ月間勉強すれば問題なく受験合格できます。

受験対策用の教材を使うなら、日本ネイリスト協会で問題集が発売されており、公式問題集があります。
その問題を見て解いていき、分からないところや間違ったところがあれば、解説などを見て問題を完璧に解けるようにしておくのが良いです。
また実技用にはDVDのテクニック講座がありますので、そちらを使うのをおすすめします。

勉強方法の基本は、教材を参考にして暗記していく、分からない部分はマーカーで色を付けて何度も見て覚える、教材の目次を見て一つの項目ずつ完璧に覚えるようにしていくという勉強方法です。
メモを作って活用する、メモに用語などを書いてそれを覚える、ノートにネイルケアなどの細かい部分を書き写して、それを覚えるようにするなどの工夫をするのも良いです。
自分が覚えやすいと思う方法を取り入れて、工夫しながら勉強するとより覚えやすいです。
何度もテキストを最初から最後まで見て、全てを暗記するぐらいの勢いで勉強すると、受験対策は完璧です。

1週間前ぐらいの受験日に近くなったなら、実際の受験の時間配分と同じようにして、その時間内で問題を解くようにして、事前の受験予習をしておきましょう。
特に3級の試験となると基本の部分がメインとして出題されるので、実技に関係する部分も出題されることも多いです。

出題傾向としては、爪の構造や病気や器具の管理や衛生管理、ネイルの消毒やケアについての知識が問われます。
その中でも、爪の構造や整理細胞学の細かい名称などの、名称を覚えることが多いので、それらを暗記するようにすると良いです。
爪やネイルケアに関する基本的な部分が出題されるので、その部分をじっくりと何度も教材などを見て覚えると試験対策が行えます。

1 2 3 28