自己紹介

ネイリスト目指してます!

きれいな指先のネイルは女性にとってのあこがれですよね。
私が初めてネイルサロンを体験したのは20歳のときでしたが、そのときみるみるきれいになっていく自分の指先にうっとりとしてしまったのを覚えています。

それ以来すっかりネイルにはまってしまい、自宅でできるネイルセットを購入したり新しいネイルデザインについて研究したりとすっかりネイル一色の人生を送っています。
趣味が講じてということもありますが、ネイルについて調べていくにつれその奥の深さにすっかりとりこになってしまい、今ではネイリストになりたい!ネイルアートを仕事にしたいと本気で思うようになりました。

大学に通いながらネイルの通信講座を受け、ネイルの資格もいくつか持っています。
将来的には自分でネイルのお店を開けるようになるのが今の私の一番の夢です。

ネイルがきれいな人に憧れがありつつも、なかなかネイルをつけるきっかけがつかめないという人もいるかと思います。
私もはじめてネイルサロンに行くまでは、ネイルというと「指先がじゃま」「家事ができなくなる」といったようなマイナスイメージが強く、おしゃれのために生活を犠牲にするのが嫌で最初の一歩がどうしても踏み出せずにいました。

ですが実際にネイルを経験してみるとある程度生活に支障はあるものの、想像していたほどの不自由はなく普通に生活をすることも十分にできています。
まだまだ年配世代の人などからは「女が爪を伸ばすなんてだらしない」というような理解のない意見を聞かれることもありますが、そうした意見のほとんどは先入観からくる誤解だったりします。

とはいえ、派手めのネイルをつけて仕事に行くことができないという事情がある人がいるのも確かです。
私自身、ネイリストを目指すものの今は別の仕事をしていることもありそういった事情についてはかなり身にしみて理解をしているつもりです。

そんな仕事でネイルをすることができない人のために、一時的に利用をすることができるネイルアートもいくつかあり、ちょっと気合を入れておしゃれをしたいときには私自身も利用をしていたりします。

日常のケアも大切!

ネイルを日常生活の中でするようになってわかったのが、それまであまり自分が指先のおしゃれにはこだわってきていなかったということです。
ネイルというと派手に爪を飾ることばかりがクローズアップされますが、きちんときれいに指先をつくるためには事前に指先の甘皮や地爪のケアをしておかなくてはいけません。

また一度つけたネイルを長持ちさせるためにも、ネイルをしていなかったときよりも数倍指先の動かし方には気を使うようになりました。
お気に入りのネイルをつけている日というのは一日気持ちが楽しくて、何をするにも前向きになれる気がします。

ちょっとしたことなんですが、そんな小さな嬉しさがあるということが日常の幸せになったりします。
そんな楽しいネイルの魅力をこのサイトでは紹介していくとともに、将来ネイルを仕事にしたいと思っている人のための情報を記載していきたと思っています。